ザイロリックを服用の際に注意する点?

ピックアップ コンテンツ一覧

ザイロリックを服用の際に注意する点?

ザイロリックは、30年も前から痛風や高尿酸血症の治療に用いられてきた、古くからある痛風治療薬のひとつです。

 

別名、サロベール錠、アデノック錠、アロシトール、リボール錠などの名称で、尿酸が体内で作られるのを抑え、痛風関節炎が起こるのを防ぐ予防薬です。

 

痛風とザイロリック

ザイロリックは個人輸入でも入手することができ、ネットの通信販売で購入する方法もあります。

 

長く飲み続けなければならない薬ですから、そうした形で安く手に入れるというのも、ひとつの選択かもしれません。

 

 

しかし、最初は医師の指示のもとで、慎重に服用を開始しなければなりません。

 

症状や体質等により、服用量や飲み方も違います。

 

もちろん副作用の心配もありますので、定期的な検査が必要です。

 

ザイロリックは肝機能に影響を及ぼすことがあり、肝臓の悪い人は、肝機能検査を受けながら、薬の量などを調整しながらの服用となります。

 

アルコールは控えるようにします。痛風にもザイロリックの効果にも影響します。

 

最初は100mgの少ない量から飲み始め、ゆっくりと尿酸値を下げていきます。

 

ザイロリックは、コップ1杯以上のたっぷりの水で服用し、気になる症状があらわれた時はすぐに医師を受診するようにしましょう。

 

また、定期的な尿酸値の検査を欠かさないようにして下さい。

【危険度チェック】 あなたはいくつ当てはまりますか?

ザイロリック


もし、ひとつでも当てはまるようだったら、すぐに病院に行き薬による治療を開始してください・・・


ただ!

ひとつも当てはまりはしなかったけど、食事制限やアルコール制限をして痛風を改善しようと頑張っている方は下記を参考にしてみてください。

痛風の悩みから解放された私の実体験記がきっとあなたのお役に立てると思いますよ。


ザイロリック


ザイロリックを服用の際に注意する点?関連ページ

痛風薬のザイロリックとは?
痛風薬、ザイロリックは、尿酸の産生を抑え、体内の尿酸の量を減らす尿酸コントロール薬です。高尿酸血症や痛風の治療に用いられます。「尿酸産生過剰型」の痛風患者に適する薬で、尿に排出される尿酸の量が減りますので、尿路結石を合併している場合にも敵します。
ザイロリックの副作用として考えられるもの?
ザイロリックの副作用として考えられるものに発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢全身倦怠感、脱毛、などが挙げられます。ザイロリックは、症状によって飲む量が違いますが、特に腎臓病のある人は、量が少なめになります。
ザイロリックで重い副作用が現れるケース?
ザイロリックの副作用が重くなる心配があるのは、腎臓の悪い人やアレルギーの人です。ショック症状や呼吸困難、肝障害などを起こしてしまうこともあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ