痛風薬のザイロリックとは?

ピックアップ コンテンツ一覧

痛風薬のザイロリックとは?

痛風薬、ザイロリックは、尿酸の産生を抑え、体内の尿酸の量を減らす尿酸コントロール薬です。

 

ザイロリック

高尿酸血症や痛風の治療に用いられます。

 

「尿酸産生過剰型」の痛風患者に適する薬で、尿に排出される尿酸の量が減りますので、尿路結石を合併している場合にも適します。

 

 

ザイロリックは尿酸コントロール薬ですから、痛風発作時にザイロリックを用いてはいけません。

 

痛風関節炎の症状を悪化させるリスクがあります。

 

初期の痛風にはザイロリックを用いず、鎮痛消炎剤などで痛みを抑え、痛風の症状がおさまったあとで、痛風の進行を抑えるために飲み始めます。

 

痛風発作が、ザイロリックの服用により、逆に誘発されてしまうこともありますが、これは、関節内にたまった尿酸の結晶が薬の作用で溶けだしてくるためです。

 

関節内の尿酸が排出されると、痛風発作は起こらなくなります。

 

ザイロリックに認められる副作用としては、まれに重い肝機能障害や腎臓の症状、強いショック症状などが現れることがありますが、通常は軽い胃の不快感や軟便、下痢、食欲不振などが見られる程度です。

 

腎臓の機能が衰えている人や高齢の人などは、薬の排泄が遅れがちになってしまいますので、用量を少なめにするなどして、慎重に用いることが必要です。

【危険度チェック】 あなたはいくつ当てはまりますか?

痛風,ザイロリック


もし、ひとつでも当てはまるようだったら、すぐに病院に行き薬による治療を開始してください・・・


ただ!

ひとつも当てはまりはしなかったけど、食事制限やアルコール制限をして痛風を改善しようと頑張っている方は下記を参考にしてみてください。

痛風の悩みから解放された私の実体験記がきっとあなたのお役に立てると思いますよ。


痛風,ザイロリック


痛風薬のザイロリックとは?関連ページ

ザイロリックを服用の際に注意する点?
痛風薬、ザイロリックは、30年も前から、痛風や高尿酸血症の治療に用いられてきた、古くからある痛風治療薬のひとつです。別名、サロベール錠、アデノック錠、アロシトール、リボール錠などの名称で、尿酸が体内で作られるのを抑え、痛風関節炎が起こるのを防ぐ予防薬です。
ザイロリックの副作用として考えられるもの?
ザイロリックの副作用として考えられるものに発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢全身倦怠感、脱毛、などが挙げられます。ザイロリックは、症状によって飲む量が違いますが、特に腎臓病のある人は、量が少なめになります。
ザイロリックで重い副作用が現れるケース?
ザイロリックの副作用が重くなる心配があるのは、腎臓の悪い人やアレルギーの人です。ショック症状や呼吸困難、肝障害などを起こしてしまうこともあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ