ザイロリックの副作用として考えられるもの?

ピックアップ コンテンツ一覧

ザイロリックの副作用として考えられるもの?

ザイロリックは古くから使われてきた痛風治療薬です。

ザイロリックの副作用

体内で尿酸が作られるのを抑えるとともに血液中の尿酸の量を低下させる薬です。

ザイロリックの副作用として考えられるものに発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢全身倦怠感、脱毛、などが挙げられます。

ザイロリックは、症状によって飲む量が違いますが、特に腎臓病のある人は、量が少なめになります。

腎臓の悪い人は、薬の排泄が遅れがちになるためです。

また、めったにないことではありますが、ザイロリックで重い副作用が現れることがあります。

皮膚障害や血液障害、肝障害などです。

もし、服用開始後に、発熱や発疹、のどの痛みなど不安な症状が現れたときは、すぐに医師の診察を受けて下さい。

ザイロリックの副作用のおそれがあります。特に、腎臓病のある人は注意が必要です。

まれに、アナフィラキシーなどのショック症状や歩行困難、けいれん、筋肉痛、赤褐色の尿などの副作用が見られることがあります。

息苦しさを感じたり、吐き気、から咳、手足のしびれなどいつもと違う症状がある場合も副作用の初期症状であることが考えられますので、すぐに医師に連絡するようにして下さい。

それほど怖い薬ではありませんが、食べ合わせや他の薬の飲みあわせの問題もありますので、医師の説明を充分に受けるようにしましょう。

【危険度チェック】 あなたはいくつ当てはまりますか?

ザイロリック,副作用


もし、ひとつでも当てはまるようだったら、すぐに病院に行き薬による治療を開始してください・・・


ただ!

ひとつも当てはまりはしなかったけど、食事制限やアルコール制限をして痛風を改善しようと頑張っている方は下記を参考にしてみてください。

痛風の悩みから解放された私の実体験記がきっとあなたのお役に立てると思いますよ。


ザイロリック,副作用


ザイロリックの副作用として考えられるもの?関連ページ

痛風薬のザイロリックとは?
痛風薬、ザイロリックは、尿酸の産生を抑え、体内の尿酸の量を減らす尿酸コントロール薬です。高尿酸血症や痛風の治療に用いられます。「尿酸産生過剰型」の痛風患者に適する薬で、尿に排出される尿酸の量が減りますので、尿路結石を合併している場合にも敵します。
ザイロリックを服用の際に注意する点?
痛風薬、ザイロリックは、30年も前から、痛風や高尿酸血症の治療に用いられてきた、古くからある痛風治療薬のひとつです。別名、サロベール錠、アデノック錠、アロシトール、リボール錠などの名称で、尿酸が体内で作られるのを抑え、痛風関節炎が起こるのを防ぐ予防薬です。
ザイロリックで重い副作用が現れるケース?
ザイロリックの副作用が重くなる心配があるのは、腎臓の悪い人やアレルギーの人です。ショック症状や呼吸困難、肝障害などを起こしてしまうこともあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ