ザイロリックについて

ザイロリックについて記事一覧

痛風薬のザイロリックとは?

痛風薬、ザイロリックは、尿酸の産生を抑え、体内の尿酸の量を減らす尿酸コントロール薬です。高尿酸血症や痛風の治療に用いられます。「尿酸産生過剰型」の痛風患者に適する薬で、尿に排出される尿酸の量が減りますので、尿路結石を合併している場合にも適します。ザイロリックは尿酸コントロール薬ですから、痛風発作時に...

≫続きを読む

 

ザイロリックを服用の際に注意する点?

ザイロリックは、30年も前から痛風や高尿酸血症の治療に用いられてきた、古くからある痛風治療薬のひとつです。別名、サロベール錠、アデノック錠、アロシトール、リボール錠などの名称で、尿酸が体内で作られるのを抑え、痛風関節炎が起こるのを防ぐ予防薬です。ザイロリックは個人輸入でも入手することができ、ネットの...

≫続きを読む

 

ザイロリックの副作用として考えられるもの?

ザイロリックは古くから使われてきた痛風治療薬です。体内で尿酸が作られるのを抑えるとともに血液中の尿酸の量を低下させる薬です。ザイロリックの副作用として考えられるものに発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢全身倦怠感、脱毛、などが挙げられます。ザイロリックは、症状によって飲む量が違いますが、特に腎臓病...

≫続きを読む

 

ザイロリックで重い副作用が現れるケース?

ザイロリックは30年以上の歴史がある代表的な痛風治療薬として知られています。体内で尿酸が作られるのに重要な役割を果たすキサンチンオキシターゼという酵素が働くのを阻害して、尿酸をできづらくする薬です。ザイロリックの副作用には、発疹、じん麻疹、かゆみ食欲不振、胃の不快感、軟便、下痢などがあります。薬を飲...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ