痛風治療の基礎知識

基礎知識記事一覧

痛風の治療は2通りの対策から考える?

痛風の治療は、発作が起きた時と、痛風発作がおさまったあとでの、2通りの対策から考えられます。痛風の特徴である、激しい痛みをともなう急性関節炎の発作が起きたときは、まず痛みを止めなければなりません。痛風発作の治療薬として以前より使われてきた、コルヒチンのほか、非ステロイド抗炎症剤やステロイド剤の投与が...

≫続きを読む

 

病院の医師が行う代表的な痛風治療?

痛風は、誰でもかかる可能性がある生活習慣病なので、痛風の治療法についても、頭に入れておく必要があるでしょう。痛風の発作が最初に起きたときの応急処置は、まず痛む患部を冷やし、安静にします。痛いからと言って、患部をマッサージなど絶対にしてはいけません。痛みどめを服用するときは、アスピリン系の薬は痛みをひ...

≫続きを読む

 

痛風が完治しないと言われる原因とは?

痛風は完治することの難しい病気で、一度発症すると治らないと言われます。ですから、かかってしまう前に、未然に痛風の予防をすることが重要です。痛風は昔から贅沢病とも言われますが、遺伝的要因もあることがわかっています。遺伝的要因に、環境要因が加わることで、痛風を発症しやすくなります。身内に痛風の患者がいる...

≫続きを読む

 

痛風の症状によって何科にかかるか変わる?

痛風の症状によって何科にかかったらよいのか、と悩む場合も少なくないと思います。痛風かなと思ったら、まずは内科医にかかるのが基本だと言われています。内科医では、尿酸値の検査などを行い、総合的に痛風の診断を行ってもらえます。ただ、痛風の場合はその症状によって、かかる診療科が違ってくる場合もあります。痛風...

≫続きを読む

 

痛風の症状は女性とは無縁の病気?

痛風の症状は女性にほとんど見られない病気です。痛風にかかる女性は全体の5%以下と言われ、男性の病気であると言っても良いほどです。これは、女性ホルモンが関係しているとされ、女性ホルモンに尿酸の発生を抑える働きがある、腎臓からの尿酸の排泄を促す働きがある、と言われています。このため、痛風は女性に無縁の病...

≫続きを読む

 

痛風を漢方薬で治療する?

痛風を漢方薬で治療しようとした場合、どのような漢方薬が用いられるのか知りたいと思いますよね。漢方薬は名前も難しく、それぞれがどのような効果を持っているのか専門的な知識のある人でなければわかりません。漢方薬は、個人個人の体の「証」に合わせ、体質を改善していきながら、病気を根本から治して行くものです。西...

≫続きを読む

 

痛風治療に役立つサプリメント?

痛風治療がサプリメントで楽になれば、こんなに嬉しいことはありませんね。痛風の治療でサプリメントに求める効果としては、尿酸値を下げる、尿酸の排出を助ける、痛みや腫れを緩和する、などのことがあげられると思います。痛風に効果があると言われるタルトチェリーは、アメリカでは痛風の民間薬として知られ日本でも濃縮...

≫続きを読む

 

痛風治療のガイドラインとは?

痛風のガイドラインが、8年ぶりに改定され、日本痛風・核酸代謝学会により発行されました。「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」(第2版)では、痛風の腎臓病やメタボとの関連の調査結果が多く発表されたことが反映されている、とのことです。痛風は生活習慣病のひとつですが、他の生活習慣病との関連性も高いと思われ...

≫続きを読む

 

温泉で痛風治療できる?

痛風の温泉療法と聞くと、民間療法かと勘違いしてしまいそうですが、温泉療法は西洋医学だそうです。痛風の間欠期の治療のひとつとして、尿アルカリ化療法がありますが、痛風の温泉療法は、この尿アルカリ化療法にあたるのだということです。痛風の温泉療法の方法には、入浴療法と飲泉療法がありますが、飲泉療法が主となり...

≫続きを読む

 

高血圧と痛風の治療を同時に行うときは?

痛風と高血圧を発症する原因として、その背景に忙しい現代社会を生きる男性の同じような生活習慣がうかがえます。カロリーや塩分の高いものの食べ過ぎ、不規則な食事や過労、飲酒、喫煙、運動不足、肥満、ストレスなど、身体に無理をかける生活は、痛風の原因や恐ろしい生活習慣病を引き起こします。痛風と高血圧を合併して...

≫続きを読む

 

痛風でも焼酎なら治療に影響ない?

痛風でも焼酎なら治療に影響ないという間違った解釈が広まった時期があります。これは、プリン体が尿酸値をあげる、という報告の元、プリン体を多く含む食品を痛風の人は避けるべきという考えが常識となったことに原因がありそうです。というのも、アルコールの中でもビールや紹興酒、日本酒などは含有されるプリン体の量が...

≫続きを読む

 

痛風で怖いのは合併症?

痛風で怖いのは、強烈な激痛もさることながら、やはり合併症を併発しやすいことでしょう。痛風の合併症としては、腎障害と尿路結石がおもな病気としてあげられますが、実は生活習慣病による疾病とも大きな関連性があるのです。痛風の原因となる高尿酸血症は、肥満や高脂血症、糖尿病などと合併することも多いのですが、その...

≫続きを読む

 

痛風患者でも入れる保険?

ご主人が痛風にかかってしまってから、保険に入れないと後悔する奥様の声を良く聞きます。確かに痛風の症状だと保険には入れなくなり、保険の更新もできなくなるケースもあるようです。病気になってみて始めて、医療保険や生命保険の必要性に気づく、ということもあるのだと思います。保険に加入しようする際には、詳細を保...

≫続きを読む

 

痛風治療には豆腐が良くない?

痛風治療には、豆腐や納豆は良くないから食べない方がいい、と実際にかかりつけの医師に指導されるということもあるようです。痛風の治療に関する考え方は色々ありますが、現在は痛風の食事療法に関して、それほどプリン体の量には神経質にはならなくても大丈夫というのが、新しいスタンダードになりつつあります。それより...

≫続きを読む

 

痛風治療にはロキソニンを使用しない?

痛風治療にロキソニンが処方されるのは、発作がひどくなってしまった時の痛みどめとしてです。初期の痛風治療には、コルヒチン等が使われますが、痛風の激痛を少しでも抑えるために、消炎鎮痛剤であるロキソニンが使用されます。ロキソニンは非ステロイド系抗炎症剤です。この薬を服用することで、プロスタグランジンという...

≫続きを読む

 

クエン酸を痛風治療に利用する?

疲労回復に抜群の効果を誇るのがクエン酸。そのクエン酸が痛風の治療にも効果があるということは、多くの方が知っているようですね。痛風薬の「ウラリット」にも、クエン酸ナトリウムとクエン酸カリウムが含まれています。「ウラリット」は、強酸性尿を改善して弱酸性尿にする薬です。クエン酸にも、同じような効果が期待で...

≫続きを読む

 

痛風治療にアルコールが良くない理由は?

痛風治療にアルコールが良くない理由は、アルコールを飲むと、体内の尿酸値が上がってしまうからです。アルコールが体内で分解される時に尿酸を作る働きが活発になってしまいます。同時に尿酸を排泄する働きも下げてしまうので、最悪なわけです。それだけではありません。良く、アルコールを飲み過ぎた翌朝に喉がカラカラに...

≫続きを読む

 

痛風になったらまず内科を受診?

とうとう痛風か!?と思った時に迷うのがどの診療科にかかるか、ということかと思います。痛風の診療科はどこになるのか、あまりはっきりと答えてくれる人はいないかも知れませんよね。痛風治療を専門に行っているクリニックなども全国を探せばあるのですが、近くにそういった痛風の診療科のある病院やクリニックがないとい...

≫続きを読む

 

痛風治療の専門医?その特徴は?

痛風は、最初の発作の痛みがおさまれば、あとは基本的には本人の自覚と節制の問題で症状を抑えることができる場合がほとんどです。痛風治療は専門医にかからなくても、医師の指導のもと尿酸コントロールがしっかりとできていれば、あとは根気よく本人が向き合って改善して行くしかない病気です。そう言った意味からは、自宅...

≫続きを読む

 

痛風腎の予防と治療方法は?

痛風腎というのは、痛風発作を引き起こす尿酸結晶が腎臓に付着した状態です。尿酸結晶が腎臓の尿細管につまって腎臓の機能を低下させてしまいます。腎臓は、全身の機能を正常に保つためにとても大切な臓器のひとつです。その腎臓の機能がしっかりと働かないと全身に影響が起きてきます。痛風腎から慢性腎不全へと進行してし...

≫続きを読む

 

痛風が原因で医療保険への加入が難しくなる理由?

痛風でも医療保険に入りたい、と考えるとどんな保険であれば入れるのか、ということが気になることと思います。基本的には、現時点で痛風でも入れる医療保険は多くはありません。痛風が原因で医療保険への加入が難しくなる理由としては、他の疾病へのリスクが高まる、ということが挙げられます。痛風発作の原因となる尿酸塩...

≫続きを読む

 

痛風でも牡蠣を食べて大丈夫?

痛風には牡蠣もあまり良くありません。旬の時期が来ると、殻付きのまま焼いてぷりぷりの身をつるっと・・・ついでにビールも1杯!となりがちですが、これが痛風患者には怖い一撃になったりすることもあります。牡蠣と同じ、100グラム中のプリン体の含有量が100〜200rの食品には車えび、するめいか、牛はつ、にじ...

≫続きを読む

 

お父さんが痛風だと子供も痛風に?

痛風は思春期以降の大人の男性に多い病気で、痛風の子供や、痛風の若い女性というのはほとんど聞いたことがありません。ただ、遺伝的要因も見逃せない、ということが分かってきています。痛風の遺伝子と言うものが発見されたというニュースもありました。ですから、お父さんが痛風にかかるとその子供も痛風になる、という可...

≫続きを読む

 

痛風治療に有効なアルカリ性食品?

痛風に有効な食品として、アルカリ性食品があげられます。新鮮な野菜や海藻類は、尿をアルカリ性に傾けて尿酸の結晶を溶かし、排出を助けますので痛風の人はぜひ積極的にとりたい食品です。また、痛風は体内環境の改善が最善の治療法という考えが浸透してきているため、健康食品で症状の改善をはかる、という考え方も出てき...

≫続きを読む

 

痛風は年齢に関係ない病気?

近年の傾向として、痛風患者の若年化が進んでいると言われています。痛風は年齢の高い男性に多い病気、というステレオタイプの認識は、過去のものとなりつつあります。痛風になりやすい条件として、まずは男性そして思春期以降の年齢、ということが挙げられます。つまり、中高年ではなくても、思春期を過ぎれば痛風を発症す...

≫続きを読む

 

偽痛風の治療法とは?

偽痛風は、関節軟骨石灰化症とも呼ばれる関節にピロリン酸カルシウムの結晶が沈着し、痛みをひきおこす病気です。偽痛風という名称からもわかるように、痛風の症状と良く似ていて、関節などに激痛が起こります。痛風とは違い、膝に痛みが発症することが多く、男性の患者が圧倒的に多い痛風に比べ、比較的高齢の女性に起こり...

≫続きを読む

 

痛風には重曹が効く?ウソ?ホント?

痛風について調べたことがあれば、重曹が痛風に効果的に働きかける、なんて聞いたことがあるかもしれません。もともと、重曹というのは胃酸が多く出てしまう病気のために、胃酸を中和する医薬品の材料として使われています。その重曹が痛風とはどういった関係があるのかと言えば、尿酸を尿の中に溶けこませて体外に出してく...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ