痛風予防としての運動療法?

ピックアップ コンテンツ一覧

痛風予防としての運動療法?

痛風と運動は一見関連がないように思えますが、痛風の予防と治療の一環として、運動療法が勧められることもあります。

 

痛風と運動

特に、体重増加や内臓肥満などが認められる場合、他の生活習慣病と同じように、運動不足が発症の一因となっている可能性も考えられます。

 

痛風対策としても、日常の運動療法は有効でしょう。

 

痛風の運動療法では、必ず守らなければならない注意点があります。

 

まず、激しい運動は厳禁、ということ。

 

そして、運動中、運動後の水分補給をしっかりとおこなうことです。

 

一般的な筋トレなどの激しい無酸素運動は体内の尿酸値を急激に上昇させます。

 

また、ATPという物質が分解され、尿酸を大量に排出します。

 

こうして、体内の尿酸値は上がりますが、激しい運動による汗で体内の水分量が減るためにスムーズな尿酸の排出が阻害されます。

 

尿酸は濃縮されて濃度が高くなり、痛風発作を起こしやすくなってしまいます。

 

 

突然の痛風発作に対処できるようにしておきましょう。

 

参考記事 痛風発作の症状に苦しまないためには?


 

痛風の運動として奨励されているのが、ゆっくりとしたペースで行われる有酸素運動です。

 

ウォーキングやジョギング、水泳などを無理しない程度に、軽めに行います。

 

あまり無理をかけずに、体脂肪を効率よく減らし体重コントロールを効果的に行うことができます。

 

適度な運動を行いながら、体内の水分量を維持するためにスポーツドリンクなどでこまめな水分補給を心がけるようにして下さい。

 

【危険度チェック】 あなたはいくつ当てはまりますか?

痛風,運動


もし、ひとつでも当てはまるようだったら、すぐに病院に行き薬による治療を開始してください・・・


ただ!

ひとつも当てはまりはしなかったけど、食事制限やアルコール制限をして痛風を改善しようと頑張っている方は下記を参考にしてみてください。

痛風の悩みから解放された私の実体験記がきっとあなたのお役に立てると思いますよ。


痛風,運動


痛風予防としての運動療法?関連ページ

痛風の予防で忘れてはならないこと?
痛風の予防を考える際に大切なのが、基本的な日常生活での注意点を、無理なく暮らしの中に組み込むということです。
痛風の予防は尿酸値のコントロール?
痛風は、尿酸とナトリウムが血液中で結合し、関節内で針上の結晶を作り、この結晶が原因となって痛みを感じるのが最初に訪れる自覚症状です。
痛風がコーヒーで予防できる可能性がある?
痛風をコーヒーで予防できる可能性がある?などの嬉しい報告を目にするようになりました。
痛風の前兆を感じた時の予防法?
痛風の前兆として良く言われるのが、発作の起こる前日あたりから、患部がムズムズしたり、なんとなくピリピリしたりするという事です。
痛風発作を予防するお酒?
蒸留酒であるウィスキーや焼酎には、プリン体はほとんど含まれません。 もしどうしても飲みたいのであれば、こちらを選んだ方が良いでしょう。
痛風予防にワインが効果的?
痛風の症状にはワインのポリフェノールがいいらしい、という説が広まって、飲酒の我慢を強いられる痛風患者さんたちを喜ばせています。
痛風予防で注目のお茶に含まれている成分とは?
静岡県産のおいしい粉末緑茶に、プリン体を99%カットしたアンセリンを配合したアンセリン粉末緑茶が、痛風対策のお茶として人気だそうです。
クエン酸が痛風の予防に?
クエン酸は痛風の予防や改善に効果があるという事で、毎日飲んでいる人も多いようですね。クエン酸水を作っておいて、2時間おきくらいに少しずつ飲むとか、食後に飲む、などすると効率的にクエン酸がとれるそうですよ。
痛風予防薬「コルヒチン」を飲む際の注意点?
コルヒチンには、直接痛みを抑えたり尿酸値をさげる働きはありません。あくまでも痛風の発作が起きるのを止めたり、痛みがひどくなるのを緩和するために飲む薬です。
痛風を食事療法で予防するためには?
痛風の食事療法では、1日に摂取する総カロリー数や、アルコール類を控えること、尿酸の排泄を促すような食生活が必要になります。他の生活習慣病と同じように、合併症に繋がる、高カロリー、高タンパク、高脂肪の食事は避け、減量のためのメニューを取り入れることです。

ホーム RSS購読 サイトマップ