痛風 ボルタレン

ピックアップ コンテンツ一覧

痛風にボルタレンは効果的?

痛風といえば強烈な痛みを伴うことで知られていますが、その痛みを和らげる鎮痛剤として処方される薬の中に、ボルタレンがあります。

 

ボルタレンとは非ステロイド性抗炎症剤に分類されるもので、炎症を鎮め、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえる作用があります。

 

 

痛風だけでなく腰痛、関節痛などの様々な痛みに用いられており、錠剤として服用するもののほかに患部に塗布するゲル剤や貼付するテープ剤、また錠剤タイプよりも即効性のある坐薬などの種類があります。

 

 

同じく痛風の痛みに用いられる鎮痛剤としてロキソニンと比較されることがありますが、個人差はあれど一般的にロキソニンの方が効き目が出るのが早く、ボルタレンの方が鎮痛効果の持続時間が長いとされています。

 

ただどの薬にも副作用があるように、ボルタレンにもぜんそくなどアレルギー性の病気である人には向かないなど、注意事項がいくつかあります。

 

 

鎮静剤にはその働きによって胃腸障害を引き起こすことがあります。

 

また薬の飲み合わせなどの問題もあるので、処方・服用は医師の指示に従いましょう。

 

 

【危険度チェック】 あなたはいくつ当てはまりますか?

痛風 ボルタレン


もし、ひとつでも当てはまるようだったら、すぐに病院に行き薬による治療を開始してください・・・


ただ!

ひとつも当てはまりはしなかったけど、食事制限やアルコール制限をして痛風を改善しようと頑張っている方は下記を参考にしてみてください。

痛風の悩みから解放された私の実体験記がきっとあなたのお役に立てると思いますよ。


痛風 ボルタレン


痛風にボルタレンは効果的?関連ページ

痛風薬の特徴とは?
痛風の薬は、初期の痛風発作に使うものと、その後、痛風の症状が落ち着いたあとに使うもの、2種類に分けて考えられます。
痛風コントロール薬ってなに?
痛風治療薬にも何種類かありますが、有名なのはアロプリノールでしょうか。これは、主にザイロリックという名称で知られ、体内の尿酸の産生を阻害して尿酸値を下げる薬です。
痛風は市販薬で治療できない?
痛風の原因は排泄が滞ったために関節に溜まってしまった尿酸の結晶ですから、痛風治療には尿酸値を下げ、たまった尿酸を排出しなければなりません。この尿酸コントロールを行う薬は、今のところ処方箋しかありませんので、痛風の市販薬というのはありません。
痛風治療の痛み止めで病院で処方される薬?
痛風の痛み止めで病院で処方されるのは、インドメタシンやナプロキセンなどの非ステロイド系の抗炎症薬です。 ロキソニンやボルタレンなどの消炎鎮痛剤で、経口投与するもの、即効性のある座薬、湿布などが処方される人も多いようです。
痛風の発作時に服用する薬?
痛風の前兆は患部がムズムズするとか、ピリピリする、ザワザワする、と言った感じの他、なんとなく痛い感じがする、違和感がある、普段感じない鈍い痛みがあるなど、人によってそれぞれ違います。
痛風でロキソニンを使用する際の注意点?
ロキソニンは非ステロイド系の消炎鎮痛剤で、腫れを抑え痛みを軽減してくれます。
痛風薬「コルヒチン」の効果は?
痛風薬コルヒチンは、痛風発作の初期段階で痛みを抑えるために使う、とされています。でも、できれば、「痛風の発作が起きそうだな」という予感の段階で飲むことができれば抜群の効果を発揮するそうです。
痛風の応急処置として使用できる薬?
鎮痛剤はアスピリン系のものは避けてイブプロフェンが主成分のものを飲んで下さい。あれば、ロキソニンがおすすめです。
イブプロフェンが痛風に有効な市販薬の痛みどめ?
痛風治療中で、病院の痛みどめがある場合は良いのですが、初めての痛風発作では市販薬で急場をしのぐしか方法がないですね。 イブプロフェンが痛風に有効な市販の痛みどめです。
イブプロフェン配合で痛風の痛みに効く薬は?
イブプロフェンを使用した市販薬としては、エスエス製薬の「イブ」「イブA錠」、アクラスの「ノーシンピュア」、ライオンの「バファリンルナ」等が有名です。

ホーム RSS購読 サイトマップ