痛風対策に入浴はあまり良くない?

ピックアップ コンテンツ一覧

痛風対策に入浴はあまり良くない?ウソ?ホント?

痛風と入浴

痛風を入浴で治す温泉療法があります。 昔から、痛風治療に効果があるとされるのが温泉療法です。 温泉療法は尿アルカリ化療法の一環で西洋医学なのだそうです。 痛風に入浴?と思いますが、民間療法などではないのですね。 温泉療法には、入浴療法と飲泉療法があります。 入浴療法では、骨や軟骨にしみ込んだ核酸が体を温めることで溶け出し、血中に逆流します。 そのため、血清尿酸値が上がります。入浴によって腎血管が広がり、血流が良くなるので利尿効果が高まります。 飲泉によって尿をアルカリ化し、尿酸の排出を促進します。 ですから、痛風の温泉療法は、入浴と飲泉を必ずセットで行うことが大切です。 入浴だけだと、尿酸値が上昇してしまいます。 また、痛風で入浴して良いのは間欠期です。 この時期に、温泉による尿アルカリ療法と食事療法、治療薬の服用を合わせて行うことで高尿酸血症や痛風の症状が改善します。 痛風の急性期には、炎症が悪化してしまうので入浴は絶対にしてはいけません。 毎日入らないと我慢できない、と言う人はシャワーで凌ぐようにして下さい。 また、温泉療法を行う時は、医師に確認して許可がおりてから行うようにしましょう。 くれぐれも、自己判断で進めたりはしないようにして下さい。

【危険度チェック】 あなたはいくつ当てはまりますか?

痛風,入浴


もし、ひとつでも当てはまるようだったら、すぐに病院に行き薬による治療を開始してください・・・


ただ!

ひとつも当てはまりはしなかったけど、食事制限やアルコール制限をして痛風を改善しようと頑張っている方は下記を参考にしてみてください。

痛風の悩みから解放された私の実体験記がきっとあなたのお役に立てると思いますよ。


痛風,入浴


痛風対策に入浴はあまり良くない?関連ページ

痛風対策の基本は?
痛風の対策というのは、尿酸値のコントロール、このひと言に尽きるかもしれません。尿酸値をできるだけ低く保つことが、痛風の辛い発作を抑えたり、進行を防ぎ、合併症を発症しないために重要です。
痛風対策に効果があるとされる温泉?
一般に痛風対策に効果があるとされる温泉は、放射能泉だと言われています。放射能泉は、その湯に微量の放射能を含み、ラジウム泉、ラドン泉とも呼ばれます。
痛風対策に効果が高いお茶は?
痛風の対策には、お茶を飲むことが良いとされていますが、中でも効果が高いのがドクダミ茶だと言われます。
痛風対策に自然のものを使った湿布が効果的?
痛風の対策の湿布といえば、インドメタシン系の冷湿布を使うのが一般的ですが、身近にある自然のものを使った民間療法もご紹介しておきます。
痛風対策の食事レシピを探す方法?
痛風の食事のレシピは、市販の書籍やインターネット上のサイトなどで豊富に紹介されています。
痛風対策の専門医の探し方?
自分の住んでいる地域やその周辺に痛風専門医がいるかどうか調べたいときは「公益財団法人 痛風財団」という団体のホームページから探してみるといいでしょう。
痛風対策として医療保険に入っておく?
痛風になって慌てて、医療保険への加入が不安になるのでしょうね。尿酸値が高いことを指摘されている方は、痛風対策として医療保険は入っておいた方が良いかもしれません。
痛風対策の食事の献立として望ましいもの?
痛風の食事の献立は、できるだけ低カロリーで野菜を多く取れるようなものが望ましいです。イメージとしては、昔ながらの日本の食卓です。脂肪分や動物性たんぱくの少ないあっさりとした献立が理想です。
痛風対策で食品を制限しても…?
痛風対策でプリン体を含む食品を厳しく制限していましたが、体内にあるプリン体は、体内で合成されるものが多くを占め、食品から入るプリン体はさほど大きく影響はしないということがわかってきたからです。

ホーム RSS購読 サイトマップ