痛風とコーヒー牛乳

ピックアップ コンテンツ一覧

痛風はコーヒー牛乳で発症率が下がる?

痛風とコーヒー牛乳

痛風がコーヒーを飲むことで発症リスクが低くなる、という研究結果が発表されて話題となりました。

 

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学の Hyon K. Choi博士らのグループが、男性医療従事者を対象に行った12年間の追跡調査をしました。

 

その結果、コーヒーを毎日4杯以上飲む人たちは、全くコーヒーを飲まない人たちに比べて、痛風の発症リスクが40%も下がることがわかったというものです。

 

痛風がコーヒーに影響を受けるのは何故か、その理由は明らかになっていませんが、コーヒーに含まれるフェノールクロロゲン酸という強力な抗酸化物質の働きや、コーヒーにある血液中の尿酸値やインスリンを下げる働きが関係があるのでは、と言われています。

 

 

 

また、コーヒーに多く含まれるカフェインは、同じカフェインを含む紅茶などを飲んでも痛風の発生リスクには関係しないことや、カフェインレスコーヒーを飲んでいる人たちにも痛風の発症率が低いことから、カフェインは痛風の症状には関係していないと考えられるそうです。

 

ボストン大学とハーバード・メディカルスクールによる9万人の女性看護師の食習慣と健康状態について、26年間追跡調査した結果も発表されていて、女性にも同じ傾向があることがわかっています。

 

 

そこで、ただコーヒーを飲むよりは、コーヒー牛乳を飲むようにしましょう。

 

そうすることで、牛乳に含まれるたんぱく質が尿酸の排出を促進する作用があるので、尿酸値を下げる効果が期待できます。

 

痛風とコーヒーの関係は、これからもっと詳しく明らかにされていくかも知れませんね。

 

 

あなたはホントに痛風ですか?

痛風の初期症状を見逃すと?

あなたの症状と痛風の写真を見比べてください。動画でも説明しているので、参考にしてくださいね。

>>>詳しくはこちら

痛風は初期症状を見逃さず、早めに治療を開始することが大切です。症状を見逃さないためには・・・

>>>詳しくはこちら

 

 

【危険度チェック】 あなたはいくつ当てはまりますか?

痛風,コーヒー牛乳


もし、ひとつでも当てはまるようだったら、すぐに病院に行き薬による治療を開始してください・・・


ただ!

ひとつも当てはまりはしなかったけど、食事制限やアルコール制限をして痛風を改善しようと頑張っている方は下記を参考にしてみてください。

痛風の悩みから解放された私の実体験記がきっとあなたのお役に立てると思いますよ。


痛風,コーヒー牛乳


痛風はコーヒー牛乳で発症率が下がる?関連ページ

痛風と食事の関係?
痛風と食事には密接な関係があります。痛風を引き起こす主な原因とされるものに、タンパク質や脂質の過剰摂取があげられます。
痛風を予防する食べ物?
痛風の予防に良い食べ物は、尿酸の排出を促し、プリン体の少ない野菜、海草、きのこなどで、バランスの取れた、規則正しい食生活を心がけることが大切です。乳製品、魚、大豆などの良質のタンパク質、尿酸を下げると言われるいちごやさくらんぼ、ブルーベリーなどを取り入れるのも良いですね。
痛風に不向き?プリン体が多い食品「豆腐」
豆腐の原料となる大豆には、プリン体が多く含まれているからというのがその説の理由です。
痛風の食べ物で卵はお助け食材?
卵というとコレステロールの心配などもあり、痛風の治療にもよくないイメージがありますが、実は、プリン体の少ない貴重な食品です。
痛風でもカレーが食べたい方のためのレシピ?
痛風にカレーは大敵だけど、カレーは食べたい。そんなカレー大好き派には、ノンオイルで作るヘルシー肉じゃがカレーはいかがでしょう。
痛風には黒酢が効果的?
黒酢は、健康飲料として、毎日の習慣に取り入れている人も多いと思います。 その黒酢が痛風にも効果があるのですから痛風患者さんも、痛風の危険を感じている生活習慣病予備軍の中年男性も毎日、黒酢を飲んでみてはいかかでしょう?
痛風の人が控えるべき食べ物はいくら?魚卵は?
痛風といくらはNGです。 いくらだけではありません。すじこ、たらこ、明太子など、魚卵はすべてプリン体の量が多いので、痛風の人は控えなければならない食材です。
痛風に「いくら」は?プリン体の含有量は?
いくらも痛風には良くないと言われますが、実際にプリン体の量はどのくらいなのでしょう? 100グラム中に含まれるプリン体の量を資料から調べてみました。
痛風と牡蠣の相性は良くない?
痛風と牡蠣の相性も良くありません。 牡蠣は”海のミルク”とも呼ばれ栄養素もたっぷりの健康食品ですが、通常、健康に良い、と言われている食品にはプリン体も多いことも良くあります。
痛風の食事制限がゆるくなった?
昔は厳しく制限されたプリン体の摂取に関しても絶対に食べてはいけない、などということはなく日常の食事では、控えめにする、という意識で大丈夫だと言われるようになりました。やはり痛風とプリン体には密接な関係があり、プリン体の存在を無視することはできません。

ホーム RSS購読 サイトマップ