痛風の食事療法で気をつけること?

ピックアップ コンテンツ一覧

痛風の食事療法で気をつけること?

痛風の食事療法で気をつけたいのが、やはりプリン体の取りすぎです。

 

プリン体の多い食品を食べていると、体内の尿酸の値が高くなるということは、今では良く知られています。

 

痛風の食事療法

痛風の食事療法の注意と言っても、基本的には、色々な食品をバランス良く食べることが大切なのは、一般の生活習慣病の食事を考えるときと変わりません。

 

肉類や、魚類の内臓に近い部分を控え、野菜やきのこ類、海藻類などの繊維の多いものを程良く食べることです。

 

これらの食品は、尿酸の排出を促しますので、痛風の人の食事には欠かせません。

 

 

痛風の人が食事の際に気をつけたいのは、麺類の汁や、煮物の煮汁です。

 

痛風の大敵、プリン体は水溶性なので、汁ものの中にはたっぷりと含まれています。

 

麺類を食べるときは、汁を飲まないようにすること、煮物の煮汁も、もちろん飲まずに捨てましょう。

 

とはいえ、プリン体を多く含む食品の制限だけでなく、痛風の食事療法で注意しなければならないのは、エネルギーの取り過ぎや、動物性脂肪の取り過ぎです。

 

また、アルコールの飲み過ぎも、避けなければなりません。

 

 

アルコールの飲み過ぎって、どれぐらいなら大丈夫なんでしょうかね。

 

参考記事 「痛風のひとが適量とされるお酒の量は?」


 

バランスのとれた献立を考え、尿酸の排出を促す食品や、乳製品、魚、大豆などの良質のたんぱく質などを上手に取り入れることが痛風の予防につながります。

【危険度チェック】 あなたはいくつ当てはまりますか?

痛風,食事療法


もし、ひとつでも当てはまるようだったら、すぐに病院に行き薬による治療を開始してください・・・


ただ!

ひとつも当てはまりはしなかったけど、食事制限やアルコール制限をして痛風を改善しようと頑張っている方は下記を参考にしてみてください。

痛風の悩みから解放された私の実体験記がきっとあなたのお役に立てると思いますよ。


痛風,食事療法


痛風の食事療法で気をつけること?関連ページ

痛風の基本的な食事療法
痛風の食事療法の基本は、体内での尿酸の産生を抑え、尿酸の排出を促し尿酸値を下げることです。
痛風に納豆は禁物?
痛風の食事療法では「痛風に納豆は禁物」といった情報があり、納豆を食生活から締め出している人もいるかもしれませんね。
痛風の食事療法に効果的なレシピ?
痛風の食事療法に効果的なレシピの基本は、尿酸値を下げて、尿酸を排出しやすくするメニューです。
痛風に良い卵?悪い卵?
痛風の食事療法に卵が良くない、と言われることがあります。この場合の卵とは、鶏卵ではなくてイクラやたらこ、白子、キャビアといった魚卵のことを指します。
痛風でも料理の工夫でほとんど食べられる?
魚を食べる時には、プリン体の多い内臓部分を綺麗に除く、卵類はできるだけ避ける、プリン体が多く溶け出しただし汁は飲まないようにする、などちょっとしたことに気をつけるだけで食べられるメニューが広がります。
痛風のメニューのひとつ「タジン鍋」?
最近人気のタジン鍋料理は、痛風治療の食事メニューとしては手軽で効果も期待できますね。
痛風の献立作りとは?
プリン体の制限に関しては、それほど神経質になり過ぎなくても、ある程度控えめにするくらいでも問題ないと言われています。また、調理の方法でプリン体を減らすことができますので、同じ素材であっても調理法や食べ方を工夫することで、体内に入るプリン体を少なくすることは可能です。
痛風は食事制限という考え方から食事療法へ?
痛風は食事制限だけで治すことは大変難しく、現実的には高尿酸血症を改善する薬の服用と並行して、状態の改善をはかっていくしかありません。そのため、以前に比べると、プリン体の厳重な禁止などの痛風特有の食事制限は、かなりゆるやかになってきています。

ホーム RSS購読 サイトマップ