痛風とビールやお酒の関係

アルコールについて記事一覧

痛風にビールは厳禁?気になるプリン体の含有量は?

痛風にビールは厳禁、と言われるのは、ビールは他のアルコールに比べてプリン体の含有量が多いのがその理由です。で、そのプリン体の含有量とはいうと、通常のビールで4〜7mg(100ml中)、発泡酒でも3mg、地ビールになると10mgを超えてきます。だから、1缶になればもっとプリン体が増えることになりますし...

≫続きを読む

 

痛風のビール好きのための予防策?

アルコールはどんな種類のものであっても、尿酸値をあげる作用があります。さらにビールにはプリン体が多く含まれているので、痛風にビールの飲み過ぎはご法度です。ビールは吸収の速度が速いため、ビール1本飲んだだけで、たった1〜2時間で、尿酸値が10%上昇すると言われています。アルコール全般が良くないのですが...

≫続きを読む

 

痛風の原因はビール?焼酎なら大丈夫?

自分は痛風だから焼酎に変えた、ビールは痛風の原因だから、という人はたくさんいるようですね。確かに焼酎のプリン体含有量はほとんどゼロだということで、痛風でも焼酎なら飲んでも大丈夫、という間違った常識が広まっています。でも、これが間違いであることはもはや痛風患者なら知っていて当然の痛風の常識です。お酒を...

≫続きを読む

 

痛風のひとが適量とされるお酒の量は?

痛風の症状はお酒を好んで良く飲む人に多い、ということはよく知られている事実ですね。実際、痛風の患者の94%がお酒を飲む習慣を持っているそうで、平均すると、1週間に5・3日飲む、という調査結果もあるそうです。これを見ると、やはり痛風にお酒は良くないということがわかるような気がします。痛風の大敵、プリン...

≫続きを読む

 

痛風にワインは影響しない?プリン体は大丈夫?

痛風でもワインは飲んでOK。そう聞いて喜んだ痛風治療患者や予備軍は、少なくないのではないでしょうか?痛風治療患者を悩ませることのひとつにお酒を飲めない、ということがあると思います。全く飲めない、ということではありませんが、お酒の量が増えれば増えるほど、痛風発作を起こすリスクが高まるのは、動かしようの...

≫続きを読む

 

痛風はアルコールを飲む習慣を持つ患者が95%?

痛風はお酒飲みの人がかかる病気、というイメージが浸透している気がしますが、あながち間違った印象でもないようです。痛風の症状はアルコールを良く飲む習慣を持っている患者さんが95%近くを占めると言います。これを見ると、アルコールを飲まないのに痛風になるほうが、驚かれてしまいそうです。痛風治療にアルコール...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ