痛風 食事療法

ピックアップ コンテンツ一覧

痛風を食事療法で改善!?その方法をこっそり伝授!

会社で昼食の後、左足の甲のあたりに少し痛みを感じたのが痛風の始まり・・・夕方になると、その痛みがだんだんと増してきたが、そのうち良くなるだろうと思い、そのまま会社仲間と居酒屋へ向かいました。

 

その後、痛みは悪化・・・左足を引きずらないと歩けないほど痛みが増し、骨にひびが入ったのかと思うほどの痛み・・・

 

 

翌朝、妻に連れられ、やっとの思いで病院に行き、レントゲンと血液検査の結果、痛風だと先生から告げられ応急処置のため足の指の付け根に注射をされました。しかし、この注射が痛風の痛みよりもさらに痛く、本当に声も出ないほどの激痛・・・

 

さらに、先生から最悪の忠告を受けることに・・・

 

 

 

「禁酒が原則。食べ物も野菜中心で肉やラーメンはダメ!」

 

 

 

という恐ろしい内容(苦笑)

 

 

「ビールとラーメン&ギョウザだけが楽しみだったのに、それを奪われたら楽しみが何もないじゃないか・・・」

 

 

といっても後の祭り・・・ここから痛風の食事療法の生活が始ったのは言うまでもありませんが、1週間続けた頃には痛みもなくなり、それにつれ元の生活に戻ってしまいました・・・

 

 

 

 

そんな生活を送っていると、案の定、痛風が再発…言葉には出来ないほどの「あの激痛」が戻ってきてしまいました。

 

そんな時に、私の知り合いが痛風を放置していたことが原因で腎臓に障害が起こり、人工透析していることがわかりました。

 

私は怖くなって根本的に何とかしなくてはと思い、真剣に痛風と向き合い食事療法、予防法、運動療法などを取り入れてきました。

 

 

その結果、今では毎日お酒を飲み、好きな食べ物を食べても痛風の痛みは全くなし!尿酸値もすごく安定しています(嬉)

 

 

 

「やっぱり、大好きなラーメン&ギョウザが食べられるって最高です!」

 

 

 

では、私がどうやってこの生活を取り戻したのか・・・?そのポイントは3つあります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ